動かないものでも良い

少しでも有利に買い取ってもらうためには

楽器を買取してくれるお店が増えています。若い頃に使っていたけれど、手入れをしても動かなくなってしまった、サビや緑青などがついてしまい、吹奏するには耐えられなくなったなど様々な理由で手離すことを考える方がいるようです。ブラスバンドに使用していた管楽器やアコースティック・エレキギター、アンプ、ピアノなどが買取の対象楽器です。荷物として部屋の片隅に置かれたままだったらぜひ買取査定を依頼してみることをお勧めします。錆がついているほか動かない、音が出ないというような状態でも買取可能な店が増えてきました。まずは問い合わせてみることをお勧めします。ただし、ドラム類やキーボードや電子ピアノ、エレクトーンなどの電子楽器は対象外とするところもありますので、事前に確認しましょう。

買取額の相場はどのくらいか

気になるのが、楽器を買い取ってもらった時の金額です。完動品で音がきちんと出せるもの、アクセサリなどがきちんとそろっているものであれば、数千円〜数万円の値が付きます。メーカーやグレード、ビンテージ性が高いものであれば高値がつく可能性があります。特にギター類やアンプはいわゆる「5年落ち」という発売後5年経過した商品でもメーカーや機種によって値がつく可能性があります。管楽器などはジャンクとして扱われることが多く、店によってはほとんど値が付きません。ただし、楽器ではなく「真鍮くず」として着目する買取専門店ではスクラップとして値をつけるところもあります。このような情報を踏まえて、手離すことを考えていくと良いでしょう。